産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
短期ダイエット成功は神谷式骨盤ダイエット方法
頑張らなくていい産後ダイエット

産後のお祝い事とは

出産後の赤ちゃんのお祝い事は地方によって様々です。

ここでは、一般的な産後の赤ちゃんのお祝いごとについて説明します。

赤ちゃんが無事出生し、すくすくと健やかに成長することを祈ります。

産後のお祝い事としては、
まず、赤ちゃんの生後七日目に「お七夜」を行います。

お七夜は、「名付け祝い」ともいわれていて、
赤ちゃんの名前を家族や親しい人達に披露するという慣わしもあるのです。

できれば、この日までに赤ちゃんの名前を決めて、
「命名書」書いておきたいですね。

最近では、半紙に書くというのが主流のようですが、
正式な命名書は奉書紙に書式に則って書き、三方にのせます。

神棚があれば、命名書とお酒、お赤飯を備えましょう。

ただ、赤ちゃんの名前は、出生届の提出期限(生まれてから14日以内)までに
決めるといいので、無理にお七夜までに決めることはありません。

次に、男の子なら生まれてから三十一日目、
女の子なら三十二日目に、「お宮参り」をします。

これは、「生まれた土地の神様」に
出生のご報告をするというものですが、
信仰する宗教によっては、神社ではなく、
お寺だったり、教会だったりすることもあるようです。

生後百日目、もしくは、百二十日目には、
「お食い初め」を行います。

別名、「箸揃え」、「煮初め」、「百日膳」ともいわれるお祝い事で、
赤ちゃんが一生食べ物に困らないことを願う儀式です。

具体的なやり方はその地域によっても異なりますし、
現代風にアレンジして行うことも多いでしょう。

産後のお祝い事には、地域差がありますから、
特に夫側の実家の慣わしを事前に聞いておくといいかもしれません。

また、伝統的なやり方に固執せず、
無理のない範囲で行うことも大切ですね。

いずれにしても、赤ちゃん、
そして、お母さんの体調を最優先にすることはいうまでもありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。