産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載

産後、体が痛い

出産後に体が痛いと言う症状が出たら、
ホルモンバランスの乱れ、骨盤のズレ、カルシウム不足を
まず、疑って見てください。

これらの改善方法を生活の中に取り入れていきましょう。
そして、念のために受診をお勧めします。

では、産後の体の痛さの原因について説明します。

産後に体の痛みに悩まされる女性も少なくありません。

授乳などで慣れない姿勢をとるために、
首や肩などが痛むというのなら、
原因がはっきりしているので、それほど心配しませんよね。

でも、なかなか起き上がれないほど腰が痛かったり、
腕が上がらなくなってしまったり、
肘や手足の指に痛みを感じたりと、
関節を中心にした痛みを感じる女性も多いのです。

あまりにも指や腕の痛みがひどくて、
物を持つのにも苦労したり、
日常生活が送れないほどの体の痛みを感じる方もいます。

これは、出産後のホルモンバランスの乱れや出産の際の骨盤のズレ、
カルシウム不足などが原因だといわれているようです。

特に、帝王切開で出産した場合、
お腹の傷をかばうために不自然な姿勢をとりがちになり、
腰などに大きな負担をかけることが多いとされています。

また、出産そのものが、
腰周辺の筋肉や体の大きな負担をかけるため、
体に痛みが起こりやすいのです。

それに、出産をきっかけに、
リウマチや膠原病などを発症するケースもあるため、
もし、出産後の体の痛みが強くて長引くようであれば、
専門医の診察を受けて、血液検査などをした方がいいでしょう。

整体院、カイロプラクティックなどで骨盤のズレを矯正することで、
体の痛みが改善することもあります。

カルシウム不足が原因の場合には、
妊娠中ならともかく、妊娠後にカルシウムを多く取るようにしても、
体の痛みは改善されないそうです。

ただ、母乳を止めて、粉ミルクにすることで、
体の痛みが改善することもあるみたいですよ。

産後の体の痛みは、
一般的に、産後10ヶ月から1年くらいで治まります。

それまでは、痛み止めで症状を抑えるなどして、
我慢するしかないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。