産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載

産後のうつ病とは

産後は心身ともにバランスが崩れ、ちょっとしたことでも気にしだしたり、不安に感じたりします。

産後、あなたを助けてくれる家族がいるかどうかでも変わってきます。

産後のうつ病についてまとめてみましたので、参考にしてください。

はっきりとした原因が未だによくわかっていないのですが、
出産後に肉体的にも精神的にもバランスを崩してしまい、
「産後うつ病」にかかってしまう方がいらっしゃいます。

あまり世間的には産後うつ病は広く知られていませんが、
出産後の10〜15%の女性がこの病気の症状を訴えているのです。

うつ病だと気がつかずに放置していると、
新聞やニュースでもよく見かけるような乳幼児虐待の事件に発展してしまったり、
母子で心中なんてことにもなりかねないでしょう。

ただの育児疲れなどと思って放置しておくのではなく、
早く病院に行って適切な処置を受ける必要があります。

産後うつ病の主な症状としては、
食欲が低下したり、ちょっとしたことでもやたらと疲労感を感じたり。

身体的な症状だけでなく、
以前は気にもしなかった赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまったり、
自分の存在価値って一体何なんだろう・・・と気分的に憂鬱になってしまったりと様々です。

このような症状は、
大体出産から4週間位経った頃に出始めてきます。

出産から3ヶ月から1年が経つ頃には、このような症状が消える方が大半です。

でも、そのまま放置してしまい、
鬱状態を悪化させてしまって、
本当にうつ病を患ってしまう方もいらっしゃいます。

ちょっと風邪に似た症状であることや、
育児で疲れたりするのは当たり前だと最初から思い込んでいる方が多く、
無理をしてしまうようです。自分の周囲にこのような症状で悩んでいる友人がいたり、
現在自分がこのような症状で悩んでいるのであれば、病院や子育て支援センターなどに一度相談してみると良いでしょう。

>>>うつ病を治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。