産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
短期ダイエット成功は神谷式骨盤ダイエット方法
頑張らなくていい産後ダイエット

産後の骨盤の状態

産後は骨盤を1日でも早く元の状態に戻さないと
骨盤のゆがみがさまざまな病気の要因にもなりかねません。

骨盤の状態などを説明しますので、参考にしてください。

産後の骨盤は半年以内に戻さないと一生戻らないとも言われています。

女性の骨盤は男性と違って、
出産という大きな仕事をするために、
男性よりも骨盤の幅が広く、
やや低い場所に位置しています。

骨盤は年中開いたり閉じたりしている物ですが、
出産となると大きく骨盤が開く=骨盤が緩みます。

女性の場合、出産をするために仙骨が短く形成されているため、
出産後に骨盤が開いたままでなかなか正常な状態に戻すのが難しいと言われています。

特に、高齢出産の場合や赤ちゃんが大きかった場合は、
骨盤の歪みを治すのが難しく、時間がかかってしまうそうなのです。

通常であれば、出産後1〜2ヶ月もすれば、
骨盤が正常な状態に戻るのですが、
正しい状態に戻らずに歪んだままの状態で固定されてしまうこともあります。

骨盤に歪みが生じることで、
後々体調の変化に気がつくことがあります。

例えば、頭痛や腰痛が出産前よりも酷くなったり、
足が以前よりもむくみやすく、下半身太りになってしまったりもします。

この他にも、生理痛が酷くなったり、
便秘になったりなどという症状を現すこともあるのです。

しかし、産後1〜2ヶ月は安静にしておいた方が良いので、
産後3ヶ月を過ぎたあたりから整体院などに通って、
骨盤を矯正してもらうと良いでしょう。

よく出産後に体型が崩れてしまった・・・なんて話を耳にすると思いますが、
これも出産による骨盤の歪みが原因なのです。

上記のように自覚症状が無かったとしても、
一度整体院に行って診察してもらうと良いかもしれません。

体調が悪くなってから整体院に通うより、
早めに矯正してもらった方が気分的にもずっと楽なはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。