産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
短期ダイエット成功は神谷式骨盤ダイエット方法
頑張らなくていい産後ダイエット

産後の手続きとは

知っていると知っていないでは、大きく違う。

出産後の手続きは、主に戸籍や健康保険そして児童手当などなど
手続きはやや煩雑ですが、周到に書類を用意して次々に手続きをしましょう。

では、出産後の手続きについて説明します。

産後には、赤ちゃんの戸籍や保険など、
しなくてはならない手続きがいくつかあります。

期限が決まっているものもありますし、
手続きを行わないともらえたはずのお金が
もらえないなんてこともありますから、
事前によく確認してくださいね。

まずは、赤ちゃんの出生届を役所に提出しましょう。

出生証明書は病院が発行してくれます。

それに、母子手帳と印鑑が必要になります。

出生届は出産した日を含む14日以内に、
赤ちゃんの名前を記入して提出しなくてはいけません。

できれば、平日の役所が開いている時間内に提出すれば、
その他に必要な手続きについての説明も受けられるでしょう。

出生届の提出と一緒に、児童手当金の手続きもしておくといいですね。

児童手当金は所得や扶養の人数などの諸条件によって、
年金から支払われるお金です。健康保険証、
年金加入証明書、銀行の口座番号がわかるもの、
印鑑などの他、所得証明が必要になることもあります。

出生届が受理されると母子手帳にその事が記載され、
それを勤務先の窓口や役所の国民健康保険課に提出することで、
赤ちゃんを健康保険に加入させることができます。

母子手帳の他にも、出生届のコピーや健康保険証、
印鑑などが必要になるでしょう。

提出先は、加入している健康保険の種別によって異なります。

健康保険に加入したら、
乳幼児医療費助成制度への申し込みができます。

必要な書類は自治体によっても異なりますから、
事前に確認してください。

また、出産育児一時金や女性が働いている場合には、
出産手当金や育児休業給付金の手続きも必要です。

特に、出産手当金は、一年以上在籍していて、
退職してから6ヶ月以内に出産すれば、
退職後でももらえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。