産後関する情報ブログ

産前産後の産休、産後のうつ病、産後の生理の再開時期など産後に関する情報を掲載
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
短期ダイエット成功は神谷式骨盤ダイエット方法
頑張らなくていい産後ダイエット

産後の性交渉での注意点

性交渉については、産後は特に注意が必要です。

性交渉によって招かれざる病気を背負い込む可能性だってあります。

男性は長い間性交渉しないと、欲求不満に陥り、
後先考えずに行動に出る場合もあります。

ですので、夫婦で良く話し合い、
タイミングを見計って性交渉しましょう。

では、産後の性交渉について説明します。

産後の性交渉の注意点としては、
まず、医師の許可が下りてから行うことが何よりも重要です。

一般的には、産後一ヵ月程度で性交渉が可能になりますが、
個人差がありますから、くれぐれも医師の指示に従いましょう。

産褥期に性交渉を行ってしまうと、
子宮内膜炎や腟炎などが起こってしまう可能性があります。

また、産後、まだ一度も生理がきていなかったとしても、
排卵が起こっている可能性があるため、
コンドームは必ず着用して避妊してください。

赤ちゃんへの影響を考えて、ピルの服用は避けます。

母体が回復する前に第二子を妊娠してしまうのはよくないので、
避妊はしっかりと行うべきです。

産後の女性はあまり性欲を感じにくくなっています。

それに、出産の影響によって、ゆるくなってしまっていたり、
濡れにくくなってしまっているでしょう。

ゆるくなってしまっていても、
体操や骨盤矯正などで改善することができます。

濡れにくさはローションなどを使用して、
補うようにするといいですよ。

無理に行うと、痛みを感じてますます性交渉が嫌になったり、
傷がついてしまったりします。

妊娠中、妊娠後に、セックスレスだったために、
夫が浮気してしまったなんて話もよくききますね。

男性も性交渉への誘いを断られてしまうと、
少なからず傷ついてしまうものです。

どうしても体がつらい時には仕方がありませんが、
できる限り、配慮してあげることも大切でしょう。

性交渉に応じられないとしても、
せめてスキンシップは積極的にとるようにしたいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。